読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 12.04でAVRの開発環境を整える

Ubuntu12.04上でeclipseを用いてAVRの開発環境を整えてみたいと思います.



index


eclipseのインストール

今回は日本語化せずにeclipseを使います.eclipseのインストールには500MB弱を必要とします.

$ sudo apt-get install eclipse-cdt

必要なパッケージのインストール

$ sudo apt-get install binutils-avr gcc-avr avr-libc avrdude

AVR ISP mkIIをsudo無しで実行できるようにする

/etc/udev/rules.d/60-avr.rulesを作成.内容を以下の通りにする.

SUBSYSTEM!="usb", ACTION!="add", GOTO="avrend"
ATTR{idVendor}=="03eb", ATTR{idProduct}=="2104", MODE="0666"
LABEL="avrend"

eclipseにAVRプラグインを入れる

Help > Install new software と進み,「Work with:」欄にhttp://avr-eclipse.sourceforge.net/updatesite/を入力する.

「AVR Eclipse Plugin」にチェックを入れ,あとは流れに沿って作業を進める.

プロジェクトを作ってみる

File > New > C Project と進み,「Project type:」を「AVRCrossTargetApplication / Empty Project」とする.

「Next >」を押し,デバッガを使う予定がないなら「Debug」のチェックを外してしまおう.

「Next >」を押し,「MCU Type:」を自分が使うデバイスに,「MCU Frequency:」を適切な値に設定する.

Cファイルを作る

File > New > Source File から,新たにCファイルをつくる.「Source File:」に入れるファイル名には拡張子「.c」を忘れないように.

コンパイルする

Project > Build Project

AVR ISP mkIIで書き込むための設定

  1. Project > Properties を選択.
  2. 左側の AVR > AVRDude を選択して,「Programmer configuration」の「New」を押す.
  3. 「Configuration name」は適当に「AVR ISP mkII」にでもしておく.「Programmer Hardware」は「Atmel AVR ISP mkII」に.「Override default port」に「usb」と記入.
  4. 「OK」を押し,「Programmer configuration」を「AVR ISP mkII」になっていることを確認してから「OK」を押す.

AVRにプログラムを書き込む

AVR > Upload Project to Target Device から書き込める.

広告を非表示にする